準備 その1 過去問を解いてみる

勉強の計画を立てる前にまず過去問題を解 いてみる。
まずは自分が合格ラインのどの辺りにいるのかを知っておく。

過去問はコロナ社より「一基・計質」「法規・管理」で出ている。

ポイント
・できれば2〜4年くらい前のものを解いてみる。
 昨年度の問題は模擬試験用として仕上げの時期に解くようにする。

・法規・管理は後回しでもよい。この教科は暗記が中心なので
 試験の3〜4ヶ月くらい前からの勉強でも十分合格点は取れる。
 それまでは一基の合間に眺める程度でもよい。




管理人は試験前年の5月に問題を3年分を解いてみた、その結果。

一基
ほとんどわからない鬼門
一番時間を使うべき教科。
今にして思えば高校レベルの問題がほとんどとはいえ
文系だった私にとっては「本当に合格点に届くだろうか?」と思えるレベル。
何とか解けそうだと思えるものが25問中2問
センター試験対策で数学も少しはかじったものの苦手。
解けそうな2問も基本的な微分と、16進数の問題のみ
(進数も解答を見てこれなら解法を覚えらたら何とかなるというレベル)。
物理は全く勉強したことがないのでやるべきことの多さに呆然とした。

計質
暗記系の問題が多い。
幅広い知識が必要。
計算問題もある。
しっていれば解ける問題が多い。
仕事で少ししっている問題もある。(4問くらい)

法規
暗記物。覚えるのみ。
ただし似たような単語が多いので整理する必要がある。

管理
一種の暗記物。
誤っているものを選べの問題などは解答が容易なものも多い。
常識で十分な問題もある。