追い込み期間 試験対策

試験の1,2ヶ月前くらいには本番に向けて仕上げの時期になる。
過去問を繰り返し解いたり弱点を少しでも減らす期間になってくる。

ポイント
1.試験時間と同じ時間で問題を解く
2.解ける問題から解く
3.分からない問題は捨てる。
4.試験は65分だと思って解く。

1.はもっと早めの時期から時間を計って問題を解くことになれてもよいかもしれない。管理人はあせりのあまり、簡単な計算違いや思い違いなど、それまでの 自信が吹き飛んでしまった。
2.時間配分を頭に入れながら説いていくことも重要。
3.本当に分からない、理解できない問題は捨ててしまう。分かりそうなら後から理解しておく。
4.これはマークミスを防ぐため。悔しい思いをしないために必要な時間。

管理人はこの時期、一基・計質、法規・管理と一日おきに過去の問題を解くようにしていた。覚えてしまっている問題もあったが仕方ないので自身がない問題を 解くようにした。忘れてしまったり、ケアレスミスした問題は重要マークをつけ日を置いて解くようにした。

2ヶ月前に昨年度の問題で模擬試験を行ったが一基17、計質15、法規14、管理16という成績。法規の勉強が計画より遅れていたがなんとか合格していた であろう成績。しかし一歩間違えると恐ろしい。
遅れていた法規をノートにまとめる、一基の間違えたところを復習するなどした。




/a